この春からは、いい加減な生き方を目指すのも良いのではないかと言うブログ

今日から弥生3月でございます。

我が家の梅も、ようやく咲きだしてきました。

これから日に日に、暖かくなって
気持ちも浮かれだすわけですが、

そんな浮かれ気分を
台無しにしてくれるのが、

THE・花粉症・・・(TωT)

幸いにも私はまだ
花粉症に罹っておりませんが、

去年までは大丈夫でも
今年、急に罹ってしまう。という
スリルある症状ですから、

安心できないですよね~

皆さんは、花粉症、大丈夫ですか?

何故、花粉症に罹るの?という一説に、

生まれてから、体内に蓄積されてきた花粉の量が
その人の許容量を超えた時、
お風呂のお湯が、オーバーフローするがごとき

花粉症の症状として、
体外に発症する。というのを
聞いた気がするのですが、

ホントのところはどうなんでしょう?

自分が子供のころって
花粉症も、アレルギー性鼻炎なども

そんな病気、無かったような気がするんですよねー

で、ここから

やはり身体の免疫作用が・・・とか、
スナック菓子や食品の添加物の・・とか

書くと思うでしょ?

いやいや、今日はそれ書かないです(・∀・)

というのも、

先日、恒例の
地元の図書館で本を物色していたところ、

ご存知の方も多いと思いますが、
小林正観さんの本が目に留まり、

前々から、存じてはいたけれど
多分、きちんとその著書を読んだ憶えがなかったので
借りて読んだのですが、

いやいや、とても読みやすいしわかり易い。

ちょーおすすめです。

その著書に書かれていた内容に

花粉症の人には
「完全主義者」という
共通項がある。

と、ありまして

正観さんが、40年以上
日常生活の観察続ける中で

発見した共通項だそうです。

完璧に物事をやり遂げないと
気が済まない完璧主義者は、

目の前を通り過ぎる

杉やヒノキの花粉を
見逃すことが出来ずに

全部吸い込まないと
気が済まない、と。

なので、
花粉症にお悩みの方は、

いい加減(ほど良い加減)に
生きると良いのですって。

「良い加減で、自分の能力に見合った
自分の生き方をする」

たしかに

自分を限界まで追い込んで
「まだまだ!」って背伸びした生き方を続けると、

自分を見失ってしまいますし、
身体も心も、気付かぬうちに

傷だらけ、なんてことになります。

程よく肩の力をを抜いて、

他人を頼れるところは、
他人にお願いして、

さらりとほど良い加減に、
脱力した生き方をする

自分の身の丈に合った生き方。

これはホント、大切だと思います。

まぁ、そんなわけで

花粉症に絶賛お悩み中の方がおられましたら、

是非、今年は
完全主義者を辞めて

「良い加減」に

なってみられては、いかがでしょう?

気付けば、花粉症の症状が
例年よりも軽くなっているかもしれませんよ(・ω・)/

奈良県宇陀市でオステオパシーの頭蓋骨調整と

エネルギーヒーリングで貴方を癒すお手伝いをしています

からだ癒しサロンTeto-tetoです。

Follow me!