クラニオセイクラルセラピーとカウンターストレイン、ふたつの手技。

「クラニオ・ヒーリングセラピー」で主に使うオステオパシーの手技、“クラニオセイクラルセラピー”と“カウンターストレイン”について、具体的に触れさせていただきます。
「何故、からだの不調部分にしっかりと届くのか?」「身体に優しい理由」を、より深く理解していただければと思います。

頭蓋骨矯正~クラニオセイクラルセラピー

脳脊髄液の循環不良を解消し、神経障害を修復する。
まずは、頭蓋骨矯正から。
正式には、「頭蓋仙骨療法~クラニオセイクラルセラピー」と言います。
人の頭の骨は、ヘルメットのような 一つの丸い骨では無く、23もの骨が、ジグソーパズルのように ギザギザの縫合(ほうごう)で噛み合わさって丸い頭蓋骨を作り出しています。
この縫合部分には、ごくわずかな隙間があり 呼吸をするように、微妙に開いたり閉じたりしています。
この動きが、ポンプのような働きをして 頭蓋骨の内側からお尻の仙骨という部分までの間を流れる “脳脊髄液(のうせきずいえき)”を、一定のリズムで循環させています。
この“脳脊髄液”は、全身の神経に栄養を運ぶ、 とても大切な体液なので、滞りなく循環することで 身体に元気を運びます。
逆に、流れが滞ってしまうと 神経障害になって、身体のあちこちに不調が現れます。

あなたの「自然治癒力」を高めるのに この“脳脊髄液”の循環を正常に戻すことは、とても大切なことです。
わずか5gほどの圧で、頭部とお顔に手を添えて 優しく頭の骨を適切に緩めます。
今まで、このセラピーを受けられたお客様の約92%の方が、 その、あまりの気持ちの良さに深い眠りに入られ、 目覚めた時の爽快感に驚きの声を上げられました。


施術の流れ。

クラニオセイクラルセラピー
クラニオセイクラルセラピー(頭蓋骨矯正)は、頭蓋骨の縫合の歪を矯正して本来の状態に戻すことが目的です。
約40分程度の施術は おおよそ、以下のイメージで すすめていきます。

仰向けで、横になっていただきます。
首と頭の繋ぎ目を緩めます。
仙骨の強張りを緩めます。
おなか、横隔膜、喉の緊張を緩めます。
頭と お顔の数箇所を、そっと両手で触れ頭蓋骨を矯正します。
全てのタッチ(触感)は、約5g程度の繊細な圧です。
ほとんどの方が、静かな時間の中で心地よいリラックス状態から深い眠りにつかれます。

 

頚椎・脊椎矯正(カウンターストレイン)
ほんの僅かな時間で筋肉を緩め、骨の歪みを矯正する。
首、そして背骨は合計24個の椎骨という骨が 組み合わさって構成されており、その一つ一つの椎骨の間からは、 それぞれ全身に向けて重要な神経が張り巡らされてます。
“骨の歪み・ズレ”と言うと、骨自体が歪んでいるように 捉えがちですが、実はその周りの筋肉がどちらかに 収縮することによって、発生することが多いのです。

その筋肉の収縮によって頚椎・脊椎が歪んでしまうと、椎間から出ている神経に力が加わって圧迫され、それが 身体の不調・痛みといった症状につながります。

頚椎・脊椎矯正(カウンターストレイン)は、
特定の方向に”気持ちの良い姿勢をとっていただき、約90秒間じっとしていただくだけ”で、
脳の反応を利用して無理なく筋肉を緩め、骨の歪みを矯正していきます。
僅かな時間で痛みもなく、安全に筋収縮・歪みを矯正するこの施術に 驚かれる方も 少なくありません。